動物病院について

ホーム > 動物病院について > 病院のあらまし

病院のあらまし

麻布大学附属動物病院

「臨床の麻布」の精神を今に引き継ぐ

創設者、與倉東隆は臨床獣医学を重要視し、その実践を目的として先ず家畜病院を設立しました。その「臨床の麻布」の精神は現在の近代的な大学附属動物病院に引継がれ診療のみならず学部と大学院の教育、研究に関しても著しい貢献をしております。附属動物病院は、小動物診療部門、産業動物診療部門、それに両者にまたがる検査診断部門の3者を統合した大きな組織となっております。

ここでは。寿命が延びた飼育動物の疾病に対応する高度な動物医療技術の研究教育や、さまざまな動物の病気や病態からヒトの病気のモデルを探っております。来院する動物は、高度な診断・治療を受けますが、そのプロセスは最新技術を駆使し映像・情報機器によって実習室にリアルタイムで伝えられ、学生の教育資源としても活用されております。

現在までのあゆみ

創設者 與倉東隆の実践的臨床という教育理念の影響を強く受け、臨床教育が重視されてきた。獣医臨床の実際を教育することで大学運営および臨床教育に大きく貢献し、麻布大学の大きな特徴であると評価されました。

対象動物の種類が多様化し、また、飼い主様の治療意欲の高まりに伴い、獣医師を養成するための大学附属動物病院の役割は年々増大しております。

附属動物病院は平成19年4月に従来の獣医学部附属から大学附属へと移行し、病院組織やシステムの大規模な改革を進行中です。教員や研修獣医師など約130名のスタッフで、年間約2万例の診療をこなす病院となりました。

動物病院の沿革(概略)
  • 明治23年 東京獣医講習所開設
  • 昭和24年 附属家畜病院として発足
  • 昭和39年 麻布大学獣医学部附属家畜病院規定制定
  • 昭和46年 動物病院棟(現5号館)竣工
  • 平成 元年 動物病院改装
  • 平成11年 獣医臨床センター竣工
  • 平成19年 大学附属動物病院となる
  • 平成20年 特任教員制度導入
参考資料:
麻布大学九十年史(昭和55年発行)
百年のあゆみ(平成3年8月発行)
平成18年度 麻布大学年報(平成19年11月発行)
診察時間【完全予約制】
月:外来休診日
火~金:9:00 ~ 16:00
休診日

土曜日・日曜日

祝祭日・大学が定めた休診日

予約電話番号はこちら
直通:042-769-2363
予約受付時間

9:30 ~ 12:00

14:00 ~ 17:00

このページのトップへ