診療のご案内

ホーム > 研修獣医師制度 > 全科研修獣医師(特任副手): 研修医の声

全科研修獣医師(特任副手)

  • 研修方式
  • 研修教育支援体制
  • 特任副手の生活
  • 研修医の声

全科研修獣医師(特任副手)修了者の声

2008年度 全科研修修了 男性

— スピードと正確性を求められるが、多くの症例を経験できるよい機会 —

私は卒業してすぐに全科研修獣医師として麻布大学附属動物病院で研修を行いました。全科研修獣医師の仕事は主治医の先生とともに外来症例の診察を行っていきます。また、手術時には助手や麻酔士を行い、入院から退院までの症例管理も行っていきます。診療件数が多いためスピードと正確性を求められますが、多くの症例を経験できるよい機会でした。特に腹部超音波検査を行う症例が多いため、技術を習得できるチャンスだと思います。手術症例は事前に麻酔に関する検討を行うため、全身麻酔を行う際のポイントや注意点を症例ごとに学ぶことが出来ました。勤務時間は長いため体力的にきつい時もありましたが、全科研修獣医師として働いて得られた知識や技術に今は助けられています。


2008-9年度 全科研修修了 女性

— 獣医師として仕事をしていく上で、自身の貴重な財産となった —

私は、大学卒業後、一次診療病院にて3年間勤務した後、全科研修医(現:特任副手)として麻布大学附属動物病院にて研修をさせて頂きました。 各専門科の先生方の高度な知識や技術はもちろんのこと、診断へのアプローチ法や治療方針の組み立て方、飼主様との信頼関係の築き方など、書籍や論文などからは学び得ない多くのことを学ばせて頂きました。
研修が終了した現在も、大学の先生方に症例の相談などをさせて頂く機会は多く、常に快く助言を下さる各専門科の先生方と繋がりを持つことができたことは、今後、獣医師として仕事をしていく上で、自身の貴重な財産となったと思います。
また、専門科研修のために大学にいらしている先生方には、一次診療でのご経験が豊富な開業医の先生が多いため、自分が大学での研修を終えた後に一次診療に戻るにあたってのご相談をさせて頂く機会も多々ありました。大学に出入りしている、いろいろな立場や経験をお持ちの先生方と話をすることができたことは、大変有意義であったと思います。


2009-10年度 全科研修修了 女性

— 知識も経験もひと通り身に着けたと思われる方でも、よい経験ができる環境 —

私は卒業後一般開業病院で2年間勤務した後に、麻布大で研修医を2年間経験しました。研修医になるにあたって、臨床の基礎を学び直し基本的な技術を身につけたいという思いが一番にありましたが、卒業後2年間を過ごした病院は院長と私しか獣医がいなかったので、同じ様な年代の獣医と共に臨床を学ぶという環境にも魅力を感じて応募しました。研修医時代の2年間はセミナーなどの勉強会を始め、実習や、実際に症例の担当をさせてもらうことで、臨床の基礎をみっちり身につけることができましたが、ハードな日々でもありました。
しかし同期や先輩の研修医と相談し、議論し、励ましあいながら切磋琢磨し、時間ができた時には飲みに行ったり、スーパー銭湯に行ったりする日々は、とても充実した日々だったと思います。また、あらゆる科の専門的な知識をもつ先生たちとコミュニケーションをとることができる環境なので、とても臨床医としての視野が広がりました。
一般開業医の下では限られた人間関係の中で過ごす時間がどうしても多くなると思います。知識や考えが偏ってきてしまうこともあると思うので、知識も経験もひと通り身に着けたと思われる方でも、よい経験ができる環境だと思います。


2011-12年度 全科研修修了 女性

— ただひたすら症例と向き合い、学ぶという時間 —

私は北海道の動物病院にて6年間小動物臨床を経験した後に、麻布大学の研修獣医師を希望し、2年間研修医を勤めました。研修医になろうとしたきっかけは、これまで診療を行ってきた中で生じた疑問点や自分では治療の限界とした症例に対して、大学病院という2次診療施設にて学び直す事により、より良い治療を提供できるように努めたいと考えたからです。麻布大学の研修は、各科をローテンションすることで症例に対して専門的な面での知識を得られると共に、色々な科を経験することにより総合的な面で症例を診るという知識、技術を学ぶことができ、また今後専門的に広げていきたい分野を決める事ができました。
一般動物病院にて6年間診療を行っていた私ですが、ただひたすら症例と向き合い、学ぶという時間は大学の研修医ではないと得られない時間であり、沢山の貴重な経験ができました。今後のスキルアップを目指す方に、麻布大学においての研修をお勧めします。

診察時間【完全予約制】
月:外来休診日
火~金:9:00 ~ 16:00
休診日

土曜日・日曜日

祝祭日・大学が定めた休診日

予約電話番号はこちら
直通:042-769-2363
予約受付時間

9:30 ~ 12:00

14:00 ~ 17:00

このページのトップへ