診療のご案内

ホーム > 診療のご案内 > よくある病気のチェックポイント > 循環器科

よくある病気のチェックポイント

小動物診療
  • 一般内科
  • 一般外科(準備中)
  • 画像診断科(準備中)
  • 感染症科(準備中)
  • 内視鏡科(準備中)
  • 脳神経科(準備中)
  • 皮膚科
  • 放射線科(準備中)
産業動物診療
  • 牛・馬・緬山羊(準備中)
  • 豚(準備中)

循環器科

先天性心疾患
こんな症状はありませんか?

重度な心臓病があっても、必ずしも症状が出るとは限りません。
こんなに元気なのに・・・と思われることもよくあります。その場合、ワクチンなどの接種時に、かかりつけの先生が身体検査で異常をみつけられることがほとんどです。
抱っこすると胸がざわざわする、おとなしい、他の兄弟よりも小さい、舌が青い、咳が出る、呼吸が苦しい、失神などの症状を出すこともあります。

先天性心疾患 心室中隔欠損(矢印)の心エコー図 先天性心疾患 動脈管開存症のカテーテル治療 先天性心疾患 肺動脈狭窄症のカテーテル治療
犬の慢性僧帽弁疾患(弁膜症)
好発種

小型犬、キャバリア

なりやすい年齢

老齢。キャバリアでは比較的若く発症。

こんな症状はありませんか?

咳、疲れやすい、寝ている時間が長くなった、息切れがする、など。

犬の慢性僧帽弁疾患(弁膜症) 僧帽弁の変性 犬の慢性僧帽弁疾患(弁膜症) 胸部レントゲン検査で心拡大が認められる 犬の慢性僧帽弁疾患(弁膜症) 心エコー検査による弁膜の逆流の検出
猫の心筋症
好発種

長毛猫種

なりやすい年齢

中年齢。

こんな症状はありませんか?

病気があっても、症状を示さないのが猫の特徴です。
呼吸困難、後足の麻痺、失神などの症状が出た時は病気がかなり進んでいることが多くみられます。

猫の心筋症 肥大した左心室 猫の心筋症 大動脈血栓塞栓により後足の麻痺(パッドが紫色)が発症 猫の心筋症 心エコー検査
診察時間【完全予約制】
月:外来休診日
火~金:9:00 ~ 16:00
休診日

土曜日・日曜日

祝祭日・大学が定めた休診日

予約電話番号はこちら
直通:042-769-2363
予約受付時間

9:30~12:00

14:00~17:00

このページのトップへ